保湿 潤い

保湿とは

保湿とは、一定の基準に湿度を保つ事です。
肌に関しては、肌の中に適切と言われている水分を保持されている状態を指します。

水分が肌の中にあるではなく、肌の中に保持させなくては保湿とは言えません。

水分だけですと、時間が経つと簡単に蒸発してしまいます。
よって、乾燥肌スキンケアだけでしたら、保湿を完了させたとは言い切れなくなってしまいます。
染み込ませた水分を肌の中に閉じ込めて、保湿と言えます。

その為には、化粧水の後に油分を含んだ乳液やクリームを塗り、肌に膜を作って閉じ込める事で、保湿の完成といえます。

肌の保湿は、それが基本となります。

肌のうるおいは角質層キープ

意外と知られていませんが、肌は一層ではなく、実は3層に分かれています。
外側から、表皮、真皮、皮下組織の3層で構成されています。
肌は薄いのに、3層のミルフィーユのように構成されているのですね。

そんな外側にある表皮の、1番外側にあるのが角質層です。
角質層が、肌の内部から水分が蒸発してしまわないように、水分をキープしてくれます。

健康な若い角質層には、1割~2割程度の水分が含まれています。
角質層に含まれている水分のうち、約8割がセラミドにより守られています。
肌をきちんと潤わせる為には、セラミドの存在は大きいと言えます。

保湿成分の中で注目したい、セラミド

セラミドは、年齢を増す毎にどんどん減ってしまいます。
年齢を増すと代謝が弱まっていくので、徐々に減少していってしまいます。
ストレスや睡眠不足、頭皮かゆみ、紫外線、冷え等によっても、減らしてしまいます。

セラミドが少なくなると、角質層の水分量が激減してしまいます。
潤いにくくなるので、乾燥しがちな肌になってしまいます。
年齢肌の方が、肌に柔軟さが無く乾燥気味なのは、これらが影響していると言えます。
年々無くなってしまうセラミドは、スキンケア等で補ってあげると、肌年齢になってもプルプルお肌を持続する事が出来ると言えるでしょう。

よく見かける、「しっとり」「さっぱり」の化粧品の違い

化粧品を購入する際に「しっとり」と「さっぱり」の2種類があるというのを目にしたりしますよね。
一体どんな内容が違うのかって、考えた事無いですか。

大抵は、中身の油分の種類や量を変えている事が殆どと言われています。
それにより、感触を変えているだけです。
特に中身に大きく変わりは無いので、どちらを使っても効能が変わるという訳ではありません。
割としっとりなのか、割とさっぱりなのか、の違い程度です。

オイリー肌の方と乾燥肌の方が使い分ける程度なので、自分の肌質に合わせて選んでみましょう。

肌にパチパチとスキンケアを叩き込むとより浸透するの?

よく、化粧水等を肌に付ける時に、パッチパチに叩き込んでいる方がいらっしゃいます。
あれは一体、どうなのでしょうか。

何となく叩き込むという行為は、普通に優しく肌に付けるより肌に入り込んでくれる感じはしますよね。
化粧水等の有効成分が入り込むと言われる方もいらっしゃるようです。
しかし、保湿という観点からは、叩いたからといって水分がより中に浸透してくれる、という事は無いと言われています。

肌は優しく扱ってあげる事が、良いと言われています。
あまり乱暴に扱ってあげると、肌トラブルを起こす事があります。
叩き込んでも水分が入り込みやすくなる訳では無いので、付ける際は叩かないようにするべきと言えるでしょう。

コットンで化粧水を付けるのはムダ?

コットンで化粧水を付けると、結果としてコットンに残ってしまうので、勿体ないと思った事ありませんか。
確かに、コットンに染み込ませた化粧水は、全て肌に付ける事は出来なく、必ずコットンに残ってしまいますよね。

それじゃ化粧水がもったいないから、コットンを使うのは損だと思ってしまいますよね。

しかし、コットンで化粧水を付けた後に残るコットン上の水分は、ただの水分と言われています。
必要な成分は、コットンで肌に浸透させたことにより、全て浸透させる事が出来ています。
見た目的にコットンに残っているのは、ただの水です。

手で化粧水を付けるより、コットンで付けた方が顔にきちんとムラなく付けられると言われています。
顔にタップリの化粧水の成分を補うためには、コットンを使うようにしましょう。