体温を上げる 免疫を上げる

現代の女性は体温が低い?

現代の女性は、昔の人に比べて体温が低い方が大半のようです。

理想的なの平均体温は、36.5度だそうです。

それに比べて、現代の女性の平均体温は、35.5度。

何と、1度も低い事になります。

体温が1度低いと、免疫力が30%以上低くなってしまうそうです。

その1度の差は、体や肌を悪い方向に向けてしまいます。

お年寄りや体調がすぐれない人は、部屋の平均温度を通常のプラス2度上げてあげなくてはならないと、 言われています。

その理由は、免役が弱いという事。

温かくしてあげないと、違和感に思えてしまうからです。

体温が通常より1度低いという事は、お年寄りや病気の方と感覚は同じという事になります。

体温が低いという事は、肌が活性化するわけは無い、と言えます。

お肌を活性化させる為に、体温を1度上げるようにしましょう。 目の下のたるみなども、お肌の活性化が必要です。

何故36.5度がお肌に良いのか

36.5度の定義は、人間全体の平均体温と言われており、この体温だと色んな体のめぐりが万度になると言われています。

体内の酵素が最も活性化される体温で、体がイキイキし健康を保つ事が出来る、最適な体温と言われています。

体が健康的になるという事は、肌にも同じく良く響いてくれます。

36.5度が最適というのには、立派な定義があると言えるでしょう。

平熱が低い事が常習化している人は、そのままの生活では体温を上げる事は、不可能と言えます。

体温を1度上げる努力をし、体も肌も健康に導きましょう。

ダイエットは低体温の原因

ダイエットは、スリムな体型を維持する為に、女性にとっては大切な事とも言えます。

食事制限をするのが手軽ですが、栄養分をきちんと摂取出来なくなりますので、体内の栄養素が乏しくなってしまいます。

栄養素の乏しさから、低体温になってしまう事があります。

体型の見た目も大事ですが、体内のバランスを崩してまでダイエットに勤しむのは、良いとは言えません。

体や肌の事を考えて、無理なダイエットは避けるようにしましょう。

体型が良くても、肌がダメなら綺麗な女性とは言えません。

低体温を解決させる為の食品

体を温める食べ物を摂取し、体温を上げてあげましょう。

生姜やネギ、ニンニクは、代表的な体を温めてくれる食べ物です。

ちょっとした薬味に使ったり、多方面から摂取するようにし、体を温めてあげましょう。

食事は、冷たいものより温かいものを摂取するようにしましょう。

生野菜は食物酵素が豊富で、とても必要な成分と言えます。

しかし、生野菜ばかり食べていると、体を冷やしてしまいます。

生野菜ダイエットをしている人の大半は、低体温です。

適度な食物酵素を摂取し、食べ過ぎに注意しましょう。

出来るだけ煮込んだ食事をする習慣を付けると、自然と体温が上昇していきます。

お鍋や湯豆腐などは、女性の体肌に良い影響を与えてくれます。