日本人女子は、目元口元ケア不足?


日本人女子は、目元口元ケア不足?

顔の中で、最も皮膚の薄い目元。 顔の筋肉が衰え、一気に目立っていく顔 たるみ。 最もエイジングサインが出てしまう部分と言われています。 これらのパーツのスキンケアは、30歳からの方が大半で、中には40歳になっても全くケアしていない方もいらっしゃるようです。

このような状態が普通と思われがちですが、お隣の韓国は18歳からケアを始めている人が大半だそうです。
そんな若い年齢からやらなくてもいいでしょ!と思われるかもしれません。
しかし、韓国女性の肌は、日本人の女性と比べると、とても綺麗だと思われませんか?
それは、ケアをし始める年齢の差なのかもしれません。


朝晩2回目元口元ケアをしよう!

アイクリーム等の目元口元専用のスキンケアを、朝晩のスキンケアに取り入れてみましょう。
目元や口元のケアは夜やる人が大半だと思いますが、その回数を1回増やしただけでも、かなり変わっていきます。

目元スキンケアを、状態に合わせて2種類程そろえて使ってみると、その場所の悩みに応じて使い分ける事が可能です。
たるみに使いたい目元ケア、シワに使いたい目元ケア等、テクスチャーや内容を調べて、使い分けてみると良いでしょう。
口元ケアには、そのどちらかの効能に合わせて使う事が可能ですので、兼用する事も出来ます。

目元のハリを実感させる付け方

ただ付けるだけではなく、きちんと効果が表れる付け方が出来ると、より一層肌に響かせる事が出来ます。

指の腹を使い、優しく触れて付けてあげる事がコツです。
目の下は、目尻から目頭にかけて、優しく動かして付けましょう。
上まぶたは、上まぶたからこめかみの方まで指を動かしてあげましょう。
優しく動かしてあげる事で、リンパの流れを促す事も可能です。

これを毎日朝晩するだけで、目の周りの血流が上がり、更に目元がスッキリします。
決して高価なスキンケアを使わなくても、使い方や付け方のコツさえきちんとしていれば、きちんとした目元のエイジングケアになります。

口元は、ほうれい線だけじゃ無く口周り部分にも

口元で1番目立つエイジングは、ほうれい線です。 ほうれい線には、ハリの出る様な美容液などを優しく馴染ませてあげると、目立たなくする事が可能です。
ほうれい線は、放っておくと深いほうれい線になってしまう事があります。
そうなる前に、きちんとケアをしてあげましょう。

口元は、ほうれい線だけじゃ無く、口周りの部分もケアをしましょう。
鼻の下部分は非常に乾燥しやすく、シワになってしまう事があります。
おばあちゃんのような上唇がしぼんだ感じにならないように、ケアしましょう。
また、口角の両脇も、ほうれい線のように余計なシワが出来てしまう部分です。
口角の両脇にも、惜しみないケアをしてあげましょう。


   Copyright (C) 2013 いつまでも綺麗な女性は、目元口元ケアにぬかりない! Corporation. All Rights Reserved.